ここでは、銀行のコードについてまとめています。

金融コードとは、金融機関に割り当てられている4桁の番号と金融機関の本支店(3桁)があります。

金融コードと銀行コードは同じ意味を持ちますので、呼び方だけの違いです。

金融機関は、銀行だけでなく、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協協同組合いわゆるJA、漁業協同組合(JF)などがあります。

銀行は主に地方銀行のほか、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行あとは、都市銀行になります。

忘れてはならないのが、ゆうちょ銀行です。ゆうちょ銀行は旧郵便局になりますので、それぞれ銀行コードが違います。

金融機関コード

※金融機関コードは、金融機関の業態ごとグループ化したうえで振り分けられています。
・都市銀行(0001~0017)
・地方銀行(0116~0190)
・旧長期信用銀行(0397~0398)
・信用金庫(1001~1996)
・労働金庫(2951~2997)
・農業協同組合(3056~9375)・ネット専業銀行等(0033~0037)
・信託銀行(0288~0326)
・第二地方銀行(0501~0597)
・信用組合(2011~2895)
・信用農業協同組合連合会(3001~3046)
・信用漁業協同組合連合会(9450~9496)

ゆうちょ銀行(旧郵便局)

ゆうちょ銀行は、2007年に日本郵政公社の民営化・分社化によってできました。

金融機関コードは「9900」です。

全銀協のシステムに接続している金融機関は、「金融機関コード(4桁)」+「支店コード(3桁)」+「口座番号(7桁)」を用いていますが、現在のゆうちょ銀行は、「記号(5桁)」+「番号(8桁)」という形をとっています。
 ゆうちょ銀行では、全銀協のシステム接続用として「記号(5桁)」+「番号(8桁)」を「支店コード(3桁)」+「口座番号(7桁)」に変換したものを通帳の見開ページに印字しています(窓口にて印字してもらう必要があります)。詳しくは、「ゆうちょ銀行ホームページ」をご覧ください。

銀行支店コードはこちら